【投稿】消費者センターで実験すればいい

題名: 最近よく見かける「ハイドロ銀チタン」が胡散臭い

メッセージ本文:
いつも楽しく読ませてもらってます。

最近、広告や新製品情報等でよく見かける「ハイドロ銀チタン」というのが胡散臭いので、二階堂さんに取り上げてもらい、医学界の読者が多いという二階堂.com愛読者の方々や、テクノロジーに詳しい二階堂さんまわりの方々にコメントいただければと思い投稿しました。

「花粉を水に変える」なんて本当に可能なんでしょうか?文系の私でも、「トンデモ学説じゃね?」と思いますけど。

しかも香ばしいのが、開発者「岡崎成実」なる人物。検索すると

>女優・荻野目慶子(51)の夫、『新宿レディースクリニック』など、5つのクリニックを経営する産婦人科医が、東京医師会による指定医資格の3ヶ月停止処分を受けたという。

 

(コメント)開発者と、開発者たる名義人が同一ではないというのはよくある話なので、そういう線でも調べたいですね。大手メーカーでコレ触ってるところありましたか?ところで東京医師会は指定医なんてできましたか??普通はそれぞれの医療学会では?もしかしたら保険医?それは指定医とは全く別ですよ?ネットで書いてる奴も素人だし、記者も素人多いからなぁ・・・。もしかして、母体保護法の指定医のことか?3ヶ月なんて痛くもかゆくもねぇじゃねぇか。

なんだっけ、アメリカの保険なんとか省とかCDCなら知り合いがいますので、花粉を水に変えるのアメリカにあるか(特許に乗ってないベースの話も)きくことはできますが。

花粉が水になるなら、スギ花粉飛んでるところにハイドロ銀チタン持っていけばそれで一発で分かりますよね。花粉が水に変わったら、そりゃ、科学の常識を打ち崩す大発見でノーベル賞ものですけどね。それ、後ろに「集団の背景を用い、有形力の行使や威力を表現して一般人に威圧感等を与える人種」がいませんかね。

協力:林野庁