あるところで、ものすごい美人を見た

ハーフ、いやクオーターかな。どこのモデルだ?というくらいの人。でも、性格きつそう~悪そう~と思っていたら、そこからでていくときに、ドアをきちんと開けて、閉めるときも、閉まるまでちゃんとドアノブを下げて、閉まってから戻した。そこのドアは、半分壊れかけているくらいなのに、そういう所で「品性」がわかるよね。あいつはたぶん育ちがいい。

実は名前は知っている。個人ファイルがあって、そこの背表紙に名前が書いてあるから。もちろんその名前は書かないが・・・でも「下民は近づかないで!」というオーラがあった。美人だけど正直、コワイと思ったなぁ。

いや、びっくりするくらいの美人や可愛い子って、3年に1回くらいみるね。月曜の朝10時にあんなところにいるということは、大学生のお嬢様だろうなぁ・・・いや、何が言いたいかというと、「人はよく観察しなければ見た目だけで分からない」ということです。当たり前のことなんですけどね。ドアノブを最後までもってきちんと閉めるというところまで観察する(もう商売癖が抜けなくて)のは大切なんだなぁ、と改めて思った次第。

 

-----------------------------------

ところで、全然関係ないけど、2004年くらいにボストン留学中の防衛省(当時防衛庁)キャリアが、機密の入ったノートパソコン盗まれてたけど、あれ、どこがやったのかな・・・

キャリアは技術研究本部所属の、いまでいう「サイバー担当」だったんだよね。