できる男の毎日習慣→imbのオメガ-3

<imb岩田さんより>いつもお世話になり心より感謝申し上げます。今回は関西方面へのご出張の模様、大変にお疲れさまです<(_ _)>

Nikaidou.comの読者さまにおかれましては、4月も半ばとなり新年度の新たな環境でたくさんの出会いがあるのではないでしょうか。人生の出会いは「一瞬遅からず、一瞬早からず」と言われます。佳き出会いをお祈り申し上げます。

さて、本日のオススメは、さらなるご愛用者急増中の【オメガ-3(DHA&EPA)】です。

『オメガ-3系脂肪酸』の有用性については、もはや疑う余地がないほど多くの研究から明らかとなっており、世界的に見ても『オメガ-3系脂肪酸』、特にDHA・EPAに関する学術論文は2000年から2015年の16年間で約18,000本。いかに注目されているかが分かります。

かつて、厚生労働省は『オメガ-3系脂肪酸』の摂取量として1日に1gを推奨してきました。しかし、『オメガ-3系脂肪酸』の効果が次々に解明されることに伴い、同省が新たに発表した「日本人の食事摂取基準 2015年版」によれば、『オメガ-3系脂肪酸』の摂取推奨量は1日あたり2gに変更されています。

残念ながら、『オメガ-3系脂肪酸』の有効性を実感するには通常の食事では足りません。

アイ・エム・ビーの【オメガ-3(DHA&EPA)】は、1日の目安量6粒によって、「DHA」が450mg、「EPA」が110mg、さらに、今、注目を集めている「DPA」も24mg含有しています。

これは、厚生労働省が推奨するオメガ-3系脂肪酸摂取量1日2gの約3分の1に相当し、不足分がきっちり補給できる量です。

一般に魚油は、酸化しやすいオイルですが、【オメガ-3(DHA&EPA)】は、世界初の特許(特許第4739297号)、「真空・低温ハイブリッド製法」で有用成分を損なうことなく抽出したマグロ魚油が原料です。なお、DHAとEPA、その中間物質であるDPAの含有量は、みなさまにお届けする商品そのもので実測し、表示量をクリアしていることを確認しています。

☆6粒あたり

表示量:DHA450mg   EPA110mg DPA24mg

実測値:DHA460.2mg EPA114mg DPA24mg

(分析:一般財団法人 日本食品分析センター 第16121891001-0401号,第16121891001-0301号,第17015421001-0401号)

この機会をお見逃しなく、ぜひ本物のパワーをお確かめください。

二階堂さまにおかれましては、ご多用のところ恐れ入りますが、なにとぞよろしくご案内のほどお願い申し上げます。

岩田眞人 拝