もっと一生懸命生きないとなあ

「必ず道は現れる、そこに生きている限り」
というのがモットーなんだが、やはり頑張りが足りないよなぁ。ちなみに英語に「頑張る」という意味の言葉はない。「ベストを尽くす」と「頑張る」は全然違う。頑張るというのは、非合理的でもやるという意味が含まれるからだ。

一生懸命、頑張って生きたいと思うときはそうした方がいいだろう。大体、適当にプラプラ生きてる方が多いのだから。だがしかしその適当な時と頑張るときのバランスはきっとうまくとれているのだろう。

「物事は中庸を持ってよしとすべし」という格言があるが、決して「いつも適当にほどほどに」という意味ではなく、「総合すると、大体緩急入り混ぜてても中庸となるくらいがよい」ということだろう、と勝手に解釈している。

たいしたこともしてないのに眠い。今夜は肉じゃがを食べて早寝する予定だ。