これを無駄だと思う奴は大成しない

ClariSの話ばかりで恐縮なのだが、これが生きがいのひとつなんだからしかたない。やめろというならサイトごと閉める。

。。。というくらいのファンであり、ファンクラブも入っているClariSは、クララとカレンの二人だ。顔出しはせず、ライブの際は仮面をつけていた。だから顔は知られてない。
実は私は、書いてないが、体調が悪くて、東京にいることにどうにも耐えられなくて、しばらく札幌に避難小屋を借りてたことがある。そのマンションの一番近いガソリンスタンドとClariSの事務所が目と鼻の先で、通るたび「いつか見れたらいいなぁ」と思っていたのだが、ある日、信号待ちで、事務所から女の子が出てきて「この二人だ!」と思ったときがあった。カメラ持っていたので撮ろうかと思ったが、やめておいた。そういう距離感は大事だろう。

先日、私が行かなかったライブで、とうとうClariSは仮面を外した。今回のライブでは、二曲目から、外した。やっぱり俺が見た二人だった。私の視力は2.5以上あり、さらに私は「人の見定め」は捜査で身につけている。間違いない。
でも、でも、もっとハッキリみたい。
。。。うーん。

この話をすると、

「防振双眼鏡というのがあるよ」
と女の子に教えてもらった。ふむふむ。オートフォーカスのとかもあるらしい。スゴいな。

Kenko 防振双眼鏡 VC Smart 10×30 10倍 口径30mm 031940
ケンコー(Kenko)
売り上げランキング: 126,887 位

↑これをヨドバシカメラのネットで注文して、さっき取りに行ってきた(そんなコトしてるから風邪が悪化する)。真夜中でも、ヨドバシの何店舗かでは品物がすぐに受け取れるのだ!

安い買い物ではない。でも、クララの顔をハッキリみたい。どう見ても可愛いし。
じゃあ、どうするか。今すぐにみれる手段を取るべきだろう。
というわけで、すぐ買った。
こういうのを「無駄使い」とか言う奴がいるが、そんな使用人根性みたいな心の貧乏人は無視しておいて。
今から書く話はみんなにも役に立つと思う。

なにかというと、
「何かが起こったら速やかにそれを解決する」
ということだ。これは、人から抜きん出る秘訣だ。「ClariSのクララの顔見るためだけに夜中に何万円も出して双眼鏡買いに行くなんて」と考えるようでは、一時が万事そういう人生になる。チャンスを逃す。楽しいことも起こらない。 貧乏くさいつまらん人生を送るのが関の山。

私はつまらないのが何より嫌いなのだ。つまらないと鬱気味になってテロでも起こそうかと思ってしまう(鬱じゃねえじゃん)。

借金してでも、直感で面白くすべきことは面白くする。だから楽しく生きてこれた。

それに、防振双眼鏡が思わぬ利益を上げるかもしれないし、なんでも「どうすれば今すぐに解決できるだろう」と考えることがアイディアや脳の引き出しを広げることになる。だから、「そんなライブの女の子の顔見るためになんて」と考える奴は根本がダメだ。その程度のファンならファン辞めるわ。なんでも「ゼロかイチ」なのだよ。中途半端はダメだ。やらないのか、フルスロットルでやるのかどっちかだ。

前向きに考えよう。総合的判断、今後そのアイテムを得ることによって得られる知識なども財産だと考えたり、損得を広い視点で考えることが必要なのだ。
また、ここで、「二千円位で安いのあるじゃん」とか考える奴もダメだ。小遣いが三万円の人は仕方ないが。
私は問題を解決する場合、「常に最高のアイテムが必要」と思っている。安物買いしてもゴミになるだけ。ホントは軍用のがいいんだが、それはさすがに祝日の午前中までに揃えるのは不可能だし、バカな警備員の下っ端に因縁をつけられても面倒な話になる。ムカついたら警備会社に融資が下りないように、会社にダメージを与えるようになありとあらゆる対抗措置を講じるだろう。刃向かうモノは潰せばいい。正義は我にあるのだ!

。。。と、何にでも一生懸命やる方が俺らしくていい。こういうのを嫌う奴もいるが、仕方ない。俺は変わることはできない。こういう俺だから、みんなの役に立つのだ。

いや話を戻すと。双眼鏡というか光量増幅スコープは、あちこち探せばいいのがあるかもしれないが、今そんなことをしたら倒れてしまう。とすれば、次善策だ。ここで経験が生きる。
「ヨドバシカメラマルチメディア梅田は在庫あれば24時間受け取れる」
と、ピンと来るのが経験だ。ほとんどの人はそんなこと知らないだろうし、することもないだろう。もし、必要だとしても、簡単に諦めてしまうだろう。

私は諦めない。たとえ元の動機が「クララの顔ハッキリ見たい!」というだけでも、それを一生懸命にやってみるのが楽しいのだ。そうすれば必ず他にも生きてくる。

これらをまとめると

「諦めが悪くて自分の好奇心に素直で、即座に行動する行動力」

ということになる。それが身についている人は一定の成果を上げられる「できるひと」だろう。これは、きっと誰の人生にもプラスに働く。参考にして欲しい。