文藝春秋、院政へ

決算取締役会。
社長の中部は編集経験ゼロの経理マン。で、その次の1人しかいない専務の古田も編集経験ゼロの経理マン。常務にやっと編集経験者。

つまり、松井の院政。