「今日の所は、とりあえず黙っていてみよう」

昔から短気な性格で損ばかりしている。とはいえ、それが後々生きてくることもあるから人生とは不思議なものだ。

いつぞやか、腹が立ったときに「一呼吸おいて、だまってみよう」というのをどこかで読んだのを思いだして、やってみたことがある。するとどうだろうか、人にたいして許せるようになった。許すというか「あきらめている」といった方が正しいかもしれない。私の周りの人は、とっくに私のことなんてあきらめていて「あいつじゃしょうがねぇ」になっているんだが、たぶん、そういうことなんだろう。

それから、過度におとなしくなっちゃって(これでも)、どうでもいいやになっちゃっていた。心を平静に保つというのも、考えものだ。