水間さんが、朝日新聞を成敗!

二階堂さま

ご無沙汰しております。
朝日新聞が「申入書」を送付してきたことで、全面戦争になる覚悟で徹底的に資料調査をして回答を『WiLL』8月号に寄稿しましたが、発売前日(6月25日)に「全面降伏」を編集部に申し入れてきました。朝日新聞が戦意喪失したようで残念です。

水間政憲拝

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
〇緊急拡散希望《朝日新聞が『WiLL』8月号発売前日に「全面降伏」を編集部に申し入れ》

■朝日新聞は、慰安婦問題訂正文を2014年8月5日、紙面に掲載後、謝罪を求める要求を無視してきたにも拘わらず、何故か、『WiLL』7月号拙論文「朝日新聞東京本社『国有地取得』の裏技」に対して、『申入書』を送付してきましたので、その回答を『WiLL』8月号に寄稿しましたが、発売前日に全面降伏したようです。

実際、朝日新聞の「申入書」で訂正を要請してきた部分は「ご指摘の土地の取得価格は、17億円余ではなく約42億円です。…弊社保管の契約書の数字も同様です。……すみやかな訂正を求めます。」とあり、同「申入書」の要点は、この一点につきます。

ところが、朝日新聞は、私の回答が掲載されている『WiLL』8月号に「朝日新聞『申入書』に答える」が、発売される前日(6月25日昼過ぎ)に、編集部に下記の申し入れがあったと連絡がきました。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆昼過ぎに朝日新聞より連絡ありました。契約書の公表を検討していますとのこと。財務省のOKがあれば公表に踏み切りたいとのことです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆要するに、同25日午前中に朝日新聞に届いた8月号を見て、私が繰り返し「丁重」に「契約書」の公開を求めていることの正当性を理解し、慌てて財務省を言い訳にして「財務省のOKがあれば公表に踏み切りたい」と、連絡してきたのが真相と思われます。

これまで散々財務省を攻撃していたのに、財務省の許可などと言い訳に使っているのが笑えます。

朝日新聞も申し入れに素早く対応できるようなったようです。。

『WiLL』8月号の新聞広告は左端に大きくでていますが、目次ではどこにあるか目立ちませんが、「ことば遊び」に辟易してして、最近オピニオン誌を手にしない方にも満足していただけると存じます。

実際、『WiLL』7月号→「申入書」→『WiLL』8月号と通読していただければ、抱腹絶倒間違いないのですが、情緒的な扇動のことば遊びに満足しているレベルの読者層には、朝日新聞が恐れる論文の価値が理解できないでしょう。

いずれしても『WiLL』発売前に、訂正してない回答文に朝日新聞が全面降伏した事実は、画期的なことですので、興味のある方に一読をお勧めします。

◆近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲

◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆【「1937南京:完結」映画(DVD)大量頒布と第2弾(「完結:日韓歴史戦」―韓国の歴史捏造を撃つ」)・制作支援版画一覧動画】注文等は「水間条項」最初の記事でご確認ください。【ニコニコ】http://www.nicovideo.jp/watch/1527787649

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2824.html

◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載フリー:条件全文掲載) http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/