今日買った本

2018/10/25

最近法律から離れていたから、ちょっと読んでみよう、と思い。あと、講習という勉強を何十年かぶりにしたので、他の勉強を・・・昔あきらめた司法試験を・・・と思ったがいくら何でも無理な相談だ。だってまだ中国美術のページすら作れてないのに(すいませんTさん)。

時間は作るものだから、今と同じペースでやればできないこともないかもしれないが、やること多すぎだろう。本業の国内外情報収集もあるしね。

金商法。だいぶ変わってるだろうしきちんと理解しておこうと。M先生に実務でわからないところは尋ねようかな。前に金融庁の顧問やってた先生なんだけどね。

金商法入門
梅本剛正
売り上げランキング: 512,042 位

俺の場合、ありがたいことに、周りにはブレーンがやたらたくさんいるので、それなりにやれば司法試験予備試験は通るかもしれないが、司法試験本番はどう考えても無理だよなぁ。いや、よく考えてみれば周りに司法試験の問題を作るレベルの教授もいたな。いや、それよりも要するにテクニックだろうな。基本六法は大概わかるし、問題は論文・・・。

ただそもそも、書類書くのめんどくさい人なので訴訟なんてバカらしくてめんどくさいし(きっと実務できる若い弁護士に丸投げになる・笑)。かといって俺じゃ企業弁護士は無理だろ。刑事弁護なんて面倒なだけでカネにもならんし、カネになる奴は反社か、俺が気にくわねぇと思うような奴だから無理。

ええ、取ってから言えって?でも夢を見たり必要に迫られるから人は何かをやるんだよ。

まぁ、弁護士振りかざしてれば、普通の人ならあれこれ問題になるような交渉ごとも平気だというのが私が弁護士になるメリットかな。交渉人というか、そういう路線ならいけるかもねぇ。しかもヘリもとれば「空飛んで弁護する空の弁護士」にもなれるかもねぇ。航空業界に詳しい弁護士なんてあんまりいないからね。

私はいわゆるロースクール弁護士や頭がよすぎて世の中をしらないというか”世の中の要領をしらない”人ではないし、交渉テクニックもある。そのうえ、知り合いの数は多いし法曹業界にもかなり知り合いがいるので(皆さんご無沙汰で申し訳ない)割と仕事はあるかもしれないけど・・・ああ、東京電力から広告はいらないかなぁ(現実逃避・夢見すぎ)。

俺の残り時間は少ないけど、面白い事はやった方がいい、と思っています。もう十分、いわゆる煩悩の人生は楽しませてもらったし、あとは違う方向でいきたいなと。

いくつになっても夢は持っていた方がいい。その目標とするところに届かなくても何らかの役にはたつものだ。みなさんも、目標があってもなくても、なんかやればそれはそれでいいんだよ。人と比べる必要もないし、他人に干渉する必要もない。常に自分との戦いが人生だからね。