医学部こぼれ話

昔、京都大学でた弁護士が、京都大学医学部に55歳で入学した例があるそうです。しかし、弁護士として活躍していた55歳が社会人枠的に医学部に入るならともかく、主婦が群馬大学の学士入学の少ない枠をとろうとするのは、図々しいキチガイだなと感じます。

ちなみに、東大、九州大は、面接がありませんから、点数勝負、発表してから、どんな人間が受かったかわかるシステムだそうです。医学部の教授達、入試に絡めないので、そうなるそうです。

いま、差別ガー!とか騒いでるバカは、大したことない成績です。ぶっちぎりであれば、殺人鬼でもない限り合格します。