スポンサー持ってくるのがうまい。うらやましい。

<匿名さんより>こんにちは。発達障害の家族親戚が多数いるので、二階堂さんの気持ちなど理解できます。

ところで日本自閉症協会というのがあります。

http://www.autism.or.jp

そこはなぜか競輪とかがスポンサー?になっています。家族に自閉症がいるので、ここの協会に興味はありますが、なぜ自閉症と競輪が関係あるのか分からず、変なところにアクセスして公にしたくない情報が渡るのを避けたいと思います。

もし何かご存知でしたら、教えて頂けると有難いです。発達障害は世間の理解があまりないので、その無理解に本人も家族も辛い日々ですよね。

(コメント)スポンサー見つけてくるのがうまいだけでしょう。競輪競艇オート、いいじゃないですか。私もスポンサーが欲しいです。超うらやま・・・あ、そういう話ではありませんね(笑)。

こういう協会とかをやるにも、なんでも金がかかります。自腹じゃ限界がありますよ。スポンサーがいないところの方がアブナイですよ。だから、アクセスしても大丈夫です。個人の情報なんて、申し訳ないけどよほどの有名人か金持ちじゃなきゃ誰も興味ないしどうでもいい。そんなもの、カネにもなりません。むしろあるとすれば、症状を伝えるあるいは今通っている病院からカルテを承諾の元にとって、研究に使いたいという、研究者関係のお誘い(治験など)でしょう。それもご本人の許可が無いと今はすぐマスコミが書いて問題になるので、無茶はしませんよ。万が一揉めたら揉めたで祭りにしますし、何かあればおっしゃって下さい。その協会の会長の医科歯科の精神科の人は一人介せば知ってます。

私は自分で仕事をしていて、読者の方にささえられて生きていくことが出来ています。失敗もたくさんあるしやり遂げれないこと(主に連載)とかもありますが、どうやってそういう「一見怠けにしか見えない自分の行動を、いかに自分の脳のくせを直してうまくすすめる」ことができるか日々考えていました。いまはすこしマシになりましたが、精神的に追い込まれることも多々あり。そんななかいろいろ研究すると「精神的な症状も気合いの問題とか薬の服用で治る治らないではなく、行動である程度解決できる」とわかりました。私は周りに言わせれば「みんなわかってたけどあなたには何も言えなかった」という状態でした。ゆえに似たような症状の改善コーチングをやろうかなと思っています。もちろんそんなの何人かしか出来ませんけど。どこかで役に立てば。

それはともかく、脳の機能障害というのは、人間が社会性のある生き物の集団だからです。でも、長所を伸ばす環境におくことが出来れば間違いなく天才の域に達します。ご家族のことで周りの理解がなくお辛いでしょうけど、ぜひくじけずにがんばってください!