日露関係に関する一考察

2019年1月14日、日本経済新聞はANAホールディングスがロシア路線に参入する方針を決めたことを報じた。

早ければ2019年内にも「東京~モスクワ」と「東京~ウラジオストク」の二つの路線に参入し、毎日運航する方針のようである。

現在、「東京~モスクワ」路線では、日本航空が週4便、アエロフロート・ロシア(露)が毎日運航している。「東京~ウラジオストク」路線ではS7航空(露)が就航している。

日本経済新聞がキャリーした当該記事にあるように、いわゆるクリミア問題やロシアスパイ事件等による米英を中心とする対露強硬政策が行われている中、第二次安倍政権の成立以降の安倍政権の対露政策や日露関係の進展もあり、

https://www.j-cia.com/archives/14908