ババァとデブを許さないシンガポール航空

オレはいつもデブとババァはダメだとハッキリ言っている。鮭ハラスだかメントスだかなんだかしらないが、そんなもん、知るか!人の意見は受け付けねぇしその辺のゴミのコメントなんていらねぇ。というわけで、ババァとデブスは嫌いなのだ。JALみたいにチーフパーサーなのかチーフバァサンなのかわからないやつが乗っているなんてあり得ないと思っている。

・・・シンガポール航空は素晴らしい。シンガポール航空は、基本的に30歳以上のCAは、よほどでないと残らない。半分はクビだ。年だけじゃなく、最初に採寸した制服が合わなくなるとダメ。デブとババァはだめだということだ。ババァでもよほど素晴らしい奴は残れるらしい。なんて素晴らしい方針なんだ。

紺、赤、緑、普通の4種類の制服があり、紺と赤の人はだいぶ年上。でも紺なんてほとんどいない。

ところで、スカイマークの佐山社長は変な奴らしいんだが、誰か教えてくれこっそりと。