批判されてもあえて言う。死にかけや老人より、これからの日本を担う奴が大事だ

死にかけの役に立たない老人より、これからの奴に助かって欲しい。俺はそう思う。そんなこと、たぶんこの日本では誰もいわない。そして、炎上が怖いヤツは誰もいわない。でも、オレは言う。

死にかけの役立たずより、今から日本を担う奴を助けるべき、予防するべきだと。死にかけてる奴なんてどうでもいい。国としてはお荷物だ。生きたいなら自分のカネで生き延びろ。オレも病気になったら迷わず死ぬ事を選ぶ。無駄に生きるほどバカらしいことはないし、生きることが偉いことだという考えは間違っている。