警視庁第7交通機動隊は私がZEROやめることになった原因のバカども

交通なんてゴミです。警察ではないと思っています昔から。警視庁の第7交通機動隊もそうです。まぁ、ゴミ捨て場からでられたのでいいですけど(笑)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

題名: 交通違反取り締まりについてお教えください

 

メッセージ本文:

二階堂ドットコム様。

いつもサイトを拝見しており、色々と勉強させていただきありがとうございます。

二階堂様においては警察関係にも明るいと考え、今回、初めて投稿させていただきます。

 

これは実際に私が経験したのですが、私は信号無視にてつかまりました。

私自身は黄色信号にて交差点に進入したと思っていましたが、

私を捕まえた警察官(第七方面交通機動隊 3中隊 上原聖)は

赤信号で進入したと私を捕まえました。

 

私が「赤であった証拠を見せてくれ」というと「私が見たことが証拠です」といい、また「そんなにスピードも出してなかったし、なんで信号無視をしたのか不思議」といい、さらに聞き出すと「交差道路の信号も赤であった」とも言っておりました。

 

今回の件には多分に問題点があると考えておます。

 

まず、一点目ですが

今回の件は私を捕まえた警察官一人しかおらず、客観的な判断ができないため、恣意的な交通違反切符を切れるということです。

警察官本人が「私が見たことが証拠」と言っているように、警察官の主観のみで捕まえられるということは、恣意的な運用を可能にしていると考えられます。

 

もう一点ですが、

何のための交通違反取締かということです。今回の件は警察官も認めている通り「交差信号は赤、スピードも出していない」状況です。

交通取り締まりは本来、事故を防ぐことを目的にしていると思いますが、

今回の件が事故につながるとは非常に考えにくいと考えております。

違反を取りやすい人からとっている感じがし、警察全体として、取り締まり自体が目的化しているように感じます。

 

またこれは先ほどの警察官個人の問題かと考えますが、私をわざと怒らせるように話していた感じがしたので、それも併せて記載させていただきます。

 

もろもろの手続きが終わった後、警察官が私の電話番号を聞いてきました。

何のために聞かれるのか伺ったところ「何か不備があったときに連絡するためです」との答えだったので「それは免許証に書いてある住所に文書にて送ってください」との旨を話したら「ああ、言いたくないんですね」と警察官は言いました。

 

私は教える必要があれば教えるつもりでいましたが、必要性を提示せず、ただ「言いたくないんですね」と言われたことには非常に腹が立ちました。そのあとも訂正を求めても、「言いたくないんでしょ」みたいなことを言われ、非常に心外でした。

 

以上が今回の出来事になります。

 

そのうえで私が二階堂様にお聞きしたいのは、私の認識に誤りがあるかどうかです。

私は今回の件について納得がいっておらず、少し頭に血が上った状態ですので、冷静な判断ができているとは思えない部分もあります。

 

そこで、警察情報に明るい二階堂様に判断していただきたいと思っております。

私の認識が誤っているようであれば、認識を変えなければいけないとも考えており、ご意見をいただければありがたいと考えております。

 

このような些細な話でお時間を取らせてしまうのも申し訳ないとは思いましたが、ほかに意見を聞けるような場所もなく、メッセージを送らせていただきます。

 

よろしくお願いいたします。

(コメント)出頭で不満をいうと「じゃ、送検します」とめんどくさそうに言うのが警視庁の特徴です。ただ、周辺の防犯カメラ、通過時間などで無罪立証できるかもしれません。それを検察にいえば、たぶん起訴猶予になるような気もします。警察のなかでも交通はゴミで、犯罪取締なんてどうでも良くて、とにかく形式的に「もっていく」ことしか考えていません。公安や刑事の邪魔ばかりしてうっとうしい交通。役立たずの交通。バイク乗って大会開いて喜んでるなんて、こどもかよって感じでしょ?でも、そんなもんなんです。ヤクザにからまれるのも交通にからまれるのも、同じように、災害です。もう、縁起が悪いったらありゃしないですよね。

でも争っても時間もかかるし、面倒なので認めた方がいいですよ。警察のなかでもクズはたくさん、いやクズの方が多いです。その中でも交通は特にゴミなので、仕方がないです。バイクと車に乗って喜んでるような奴らですよ。タクシーよりも偉そうなの。なんの生産性もないのに。

ゴミにかまうと運気が下がります。かまわないことです。

(本記事に文句のあるPMは所属階級氏名を明らかにして文句をいってこい。基本公安と刑事は味方だし、交通じゃ誰も言ってこないと思うけど・笑)