夜中にめが、覚めたら

どんな暇つぶしがあるだろう。
眠れなくなったら、どんな楽しいことをしようか。
もちろんもう一度寝るのが一番だ。
でもたまには、真夜中に起きている背徳感の流れに身を任せてみたい。
だけど、寝たほうがいい。朝にはやらなければならないことが満載だ。

でもここで、あえて「悪い子」になってもみたい。

人は悪いことに惹かれる。理屈で考えればいけないことを、あえてやってみたい魅力に取り憑かれる。

さあ、どうしよう。
意気地無しの私は、きっとこのまま、一番楽な「睡眠」を選ぶだろう。