こぐまのさんぽ

「はるは、もうすぐだね」
こぐまが、おかあさんにいいます。はやくそとにでたいのです。
でも、おかあさんは

「まだたべものがないから、もうすこしねてようね」

といって、そとにだしてくれません。

「じゃあ、たべものをさがしてきてあげるよ」

おかあさんがとめるのもきかず、こぐまは、外に飛び出していきました。

「うわあ」
こおったゆきで、巣からずいぶんしたまで、おちてしまいました。

「でも、食べ物はありそうだぞ」
いちばんしたは、ゆきがとけていました。

どぉおおん。

遠くから、よにもおそろしい音がしました。

しばらくすると、おとのするほうからいのししが来るのがわかりました。大きなイノシシです。

「こんにちはいのししさん」

「にんげんがこっちに来る。まだ出て来ちゃダメだ。早くおうちにもどらないと、ころされちゃうよ」

そういって、いのししは、やぶのなかににげてしまいました。

「どうしよう。おうちがわからないや」
すのある上をめざして、のぼりはじめます。
すると、かわがありました。

どおおおん。
また、おそろしい音がしました。

おとのしたほうから、こんどは、カモシカがやってきました。

「こぐまくん、どうしてでてきたの?はやくおうちにおかえり」

「おうちがわからなくなって」

「ここをずっと上にのぼったところがおうちだとおもうよ」

「ありがとう」

カモシカは、あっという間にいなくなってしまいました。

かわをみると、さかながおよいでいます。こぐまは、おかあさんがやっていたように、かわでさかなをすくうようにして、さかなをとりました。とうみんでおなかがぺこぺこだったこぐまは、なんどもさかなをとります。

どおおおおおおん
おおきなおおきなおとが、こぐまのおなかにひびきました。

こぐまはすごくねむたくなりました。
「おうちにかえるまえに、すこしねよう」
にんげんがこっちに来るのが見えましたが、とてもねむたくて、こぐまはめをとじて、おかあさんのゆめをみていました。

おしまい