ドーナツ

「あのくもはなんだろう」

かめのナイトは、ふしぎなくもをみつけました。ナイトの大好きな、ドーナツとおなじかたちをしていたのです。

ナイトは、おともだちにしらせることにしました。

「そらにドーナツがあるよー」

おともだちのいえをまわって、くものことをしらせます。
ひろばにおともだちがあつまってきました。

「へえ、でも、あれはたべられないよね」
きつねのコフィーは、そらをみあげていいました。

「ドーナツより、くものわたあめをたべたくなったわ」
ウサギのサーニャは、ナイトをみて、いいました。

ひろばにあつまってきたほかのおともだちも、ドーナツくもをながめて、それぞれたべたいものをいいました。
くもは、すこしずつ、みんなのいるひろばにちかづいてきました。

いちばんさいごにきた、カラスのドンラは、ドーナツくもをみて、
「みんな、すぐにうちにかえるんだ!」
と、あわてていいました。
ナイトは、
「せっかくみんなであそんでいるのに、なんでそんなことをいうの」
と、かなしいきもちになりました。

ドンラがあまりにもおおさわぎするので、おともだちはみんな、しぶしぶいえにかえります。

ナイトは、おなかがすいてきました。

「みんなかえっちゃったし、ぼくもかえろうっと」
うちにかえるとちゅう、やっぱりドーナツくもをみたくて、ナイトはふりかえりました。

ドーナツくもは、とてもおおきく、なんだか、くろくなってちかづいてきています。

「はやく、うちに、かえれー」
ドーナツくもは、ナイトにおおごえで、いいました。

「どかーん」
あたりいちめんにひびきわたる、かみなりがなって、すごいあめがふってきました。

ナイトは、なんとか、あめにあわず、おうちにかえりました。

「ドンラくんが、うちにかえれってさわぐものだから、みんなかえってきたんだ」
と、いいました。

おかあさんは、ナイトのはなしをきいてから、やさしく、

「ドーナツくもは、くろくなると、あめがふるのよ。ドンラくんのおじさんは、カエルのボーさんだから、あめがふるくもがわかるのよ」
と、おしえてくれました。

ナイトは、おやつのドーナツをたべながら、

「こんど、ドンラくんにありがとうっていおう」

と、おかあさんにいいます。

そとは、あめが、やんでいました。