「反社会的団体構成員特別処理法」の制定を。

アメリカの愛国者法にならい、表題のような法律を制定してはどうだろう。
アメリカの場合は、愛国者法で逮捕されると、弁護士もつかず、グアンタナモみたいな特別収容所に送り込まれ、拷問される。裁判もうけられない。死んでも適当に処理されて終わり。
それと同じようにすればよいのではないだろうか。
逃れる道は一つだけ。莫大な罰金、例えば三百億とかを払えば普通裁判にすると。まぁ事実上不可能なので、闇から闇へ処罰されるだけという。
警察のほかに、特別取締部隊「反社改」を設け、次から次へと逮捕し、硫黄島に収容する。自供しない、反抗的の場合は、飯代が無駄なので海に捨てる。

五万人くらい片づければ綺麗になるだろう。ゴミはゴミ箱へ捨てなきゃ、腐ったミカンのとなりにあるミカンは腐る。
そして、暴力団という団体の構成自体を禁止する。日本はなぜか、暴力団の組織を作ることは違法ではないという変な国だ。それを改め、団体自体を禁止する。「処罰法」ではなく「処理法」というのがミソだ。
実はかつて、これ似たような法律を作ろうとした奴がいる。だけど、永田町の悪い奴らが裏から妨害したという経緯がある。

Image-1_12.jpg