ユニクロは怖い。モロだな。

柳井家
山口県山口市陶、同市小郡下郷、宇部市中央町、東京都渋谷区大山町などに存在する。

祖父・周吉[13]
山口県吉敷郡陶村(現・山口市陶)出身。牛馬商を営んだ[13]。
父・等
実業家である。高等小学校を卒業[3]。家にお金がなかったため進学をあきらめ京都で飲食業をやっていた兄を頼って、洋服屋に丁稚奉公した[3]。徴兵されて中国で8年ほど過ごしたあと、小郡に帰った[3]。1949年に宇部で紳士服小売りの「メンズショップ小郡商事」を立ち上げ、1963年に小郡商事株式会社を設立した[3]。同社社長を務め1984年(昭和59年)9月、会長に就任[3]。1999年(平成11年)2月に80歳で死去。また小郡商事を経営するかたわら地元の暴力団の人と一緒に土建屋を作った[3]。
正は父について「義理人情に厚く、生業家業といった観点で仕事をし、企業家とか経営者といった観点はなかった[3]。恐ろしかった。すぐに殴るんですよ[3]。」と述べている。
母[3]
母は父・等の兄の飲食店で働いていた人で、性格はおとなしかった[3]。
姉[3]
妹[3]
妻・照代
大阪府出身[3]。旧姓・長岡。
長男・一海
リンク・セオリー・ジャパン会長である。
次男・康治
柳井は、グループ執行役員を務める長男と次男の今後の処遇に関して、「会長や副会長みたいなことをしてもらったらと考えている」と、共同通信などのインタビューにおいて述べている[14]。

親戚
大叔父・柳井傳一
大叔父の柳井傳一は全国水平社創立大会の参加者で、みずから創設に尽力した山口県水平社の聯盟本部役員を務めた[13]。『日本紳士録 第43版』によると、小郡大正町の柳井傳一の職業は「雑貨商」である[15]。
伯父・柳井政雄[13]
1908年 - 1998年、部落解放運動家、実業家、政治家、ヤクザ。全日本同和会会長、部落解放全国委員会山口県連合会の委員長などを歴任した他、「小郡商事」を創業した実業家でもあった[13]。
従兄弟・澤田正之
柳井政雄の息子[13]。山口市議会議員。山口市人権教育推進委員長。 2014年7月3日、釣具店で浮きを万引きした疑いで逮捕された[16]。また覚醒剤の陽性反応が検出され、7月4日には再逮捕された[16]。
従兄・千田秀穂[3]
千田の母親は柳井等の姉にあたる[3]。柳井等の右腕といわれ、小郡商事の番頭をつとめた[3]。高校卒業から20年近く小郡商事で働き、専務をつとめた[3]。ファーストリテイリングのルーツを知る人物である。