インテリジェンスとは未来のためにあるもの。

実は私は、一昨年の夏に密かに台湾に渡り、あることを調べていた。その際に洪健昭さんをご紹介いただき、本も頂いた。「新台湾史」という本。日本語で書かれているが、日本で発売されていない貴重な本だ。

その洪さんは昨年なくなっていたという。おそらく、私が現地在住以外で洪さんと会った最後の日本人だろうとのこと。

洪さんは、台湾唯一の通信社、対外インテリジェンスのトップだった人。思えばすごい人に会えたものだ。もっと話を聞いておくべきだった。

しかし、インテリジェンスとは未来に向けて行うもの。これからも前を向いてがんばろう。