俺はしつこくいっている。吉本のファンタンゴのことを。

一年足らずで上場やめたファンタンゴこそ、反社がもうけたろ。わかっててやってるんだから。これ言うところされるって当時は言ってたなあ.
しかし、京楽吉本ホールディングスっていう朝鮮玉入れと組んでるところだからねえ

会見は
またまた論点のすり替え。前回の問題は「反社に自ら営業した」のが論点だったのに、いつの間にか闇営業にすり替えられていた。
今回は吉本が反社からイベント等に出資を受けていたことが論点なのに、何故か吉本のパワハラにすり替えられている。
肝心なことは、吉本がイベント等で反社から出資を受けていたことを闇に葬り去るためゆえのパワハラ。問題なのは前段の吉本が反社会的勢力と関係していること。
キムチ悪いほどの、カスゴミの吉本に対する忖度ですね。
ま、宮迫は食い物屋やって儲からないとか、なぞなことをやってたからあいつは真っ黒として。

吉本なんてこの世界にいらないんだから。河原乞食なんかはいくらでもかわりがいる。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

お家騒動じゃない!? 中田カウス襲撃事件の裏に小室哲哉か
日刊サイゾー 2009年1月16日 11:00 0

先日9日に報道された、吉本芸人のドン・中田カウスが金属バットを持った男に襲撃された事件。その背景には、いまさらあえて説明するまでもないが、吉本興業のお家騒動が何らかの影響を与えているとされている。

だが、ここにきて吉本の内情に詳しい関係者から衝撃証言が飛び出した。

「お家騒動? まあ確かにまったく関係ないとは言えないですが、それよりも小室哲哉がらみじゃないかな」

小室といえば、1990年代後半に世界的なメディア王のルパート・マードック氏との合弁で香港に「ロジャム」という会社を設立。しかし04年5月21日には、同社の株式を手放した。

それを買ったのが吉本興業と株式会社フェイス。さらにそれを吉本傘下のファンダンゴの株式と交換したが、このときの資金の流れに捜査当局がいまだに注目しているというのだ。

昨年の小室逮捕のとき盛んに報じられた「香港投資失敗で小室借金70億円」。まさにその真相解明のヒントが前出の金の流れに隠されているという。

「当時の吉本と小室の関係の裏表を知っているのはまさにカウスなんです。今月21日に小室の初公判が大阪地裁でありますしね。その直前に起きた事件なのでなんだか気味悪いですよ」(前同)。

しかもカウスを襲撃した男は殺すつもりはなく「間違いなく脅かすのが目的だった」と専門家筋も分析しているほどだ。公判に影響を与えるような証言をカウスにするなという意味合いの方が、お家騒動よりも可能性が高そうだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

りえき!きょうよ!!!笑

吉本興業は06年2月に子会社のファンダンゴを上場させ、そのわずか1年7カ月後の07年9月に同社を上場廃止にさせている。吉本興業の持株会社化がその理由で、このときはキャッシュアウトではなく、ファンダンゴの株主に吉本株を渡す株式交換だった。

とはいえ、ファンダンゴの公募価格は4900円。吉本株との交換比率から計算される価格は2440円だったので、ファンダンゴ株主としては怒り心頭だったはずだ。

それから2年後に、今度は吉本本体が、それもキャッシュアウトによる非上場化に踏み切る。

持ち株会社化からの2年間で、吉本興業の株価は4割ダウンした。TOB価格は持ち株会社化当時の吉本の株価の8割程度でしかなく、旧ファンダンゴ株主にしてみれば、まさに踏んだり蹴ったりである。

キャッシュアウトは金銭で株主を追い出すので、追い出される株主は、買われる会社の成長シナジーから永久に遮断される。

上場会社が上場子会社を完全子会社化する際にも、子会社側の株主追い出しは実施されるが、多くの場合は金銭ではなく、買収者である上場会社自身の株を渡す。買収者の成長を通じ、買われる会社の成長シナジーにあずかれるという利点がある。それがないキャッシュアウトは、より罪が重い。会社法が明確に認めている行為なので合法だが、極めて行儀の悪い行為である。