涙と土下座はただだからな(笑)

会社が元々。。。

2019年7月20日に行われた宮迫博之さんと田村亮さんの会見を受けて、吉本興業の岡本社長が2019年7月22日の
14時から会見を行った。

会見を行う経緯としては、20日の会見で岡本社長の暴露とも言える内容が語られ、それに対して松本人志さんが
その日の内に吉本興業本社に行き会見を開くように要請。

この日の会見ではまず吉本興業の小林良太弁護士から経緯が語られた。弁護士の語ったことは
ほぼ宮迫博之さんと田村亮さんが会見で語った通りで、「株主には放送局もいて~」という発言、
そして「契約解消か引退会見を選ぶように」という書面も認めている。

約30分弁護士から経緯が語られたあとに株式会社吉本興業岡本昭彦社長が「本日は昨日の選挙の終わり大変お忙しい中、
お集まり頂き申し訳ございません。まずなによりも反社会的勢力からタレントが金品を受け取っていたことを深く
お詫び申し上げます。そして何よりも一昨日宮迫博之くん、田村亮くんにあのような会見をさせてしまったことに
ついてお詫び申し上げます。非常に辛い思いをさせてしまって申し訳なくおもっております。
つきましては処分の撤回を設けまして、ミーティングさせて頂きいつの日か戻ってきてくれるなら
全力でサポートしていきたいと思います」と宮迫博之さんと田村亮さんの契約解消を撤回した。

続いて、「コンプライアンスの徹底、タレントファーストであること。この2つがあるからこそ世界から愛される
会社になると思っております」としており、コンプライアンスについてはホットラインを設置し居酒屋などで
反社会勢力と思われる人からビースを進められた際に相談する場となる。

芸人タレントファーストについては事実関係が明らかになっておらず、意志が定まらない内に会見をするという経営陣と、
1日でも早く会見したいという芸人と意思疎通が出来なかったという。