りのんとあやのん

「あの夏」のりのんが出てきた。踊っていた。
何者かに追われる。タクシーの後部につかまって逃げる。
あやのがでてきて(顔は見たことないやつ。不明)、次の仕事へいけという。今のはもういいと。
でも「いまの会社の陰謀を解決してないからだめだ」とつっぱねる。会社では女性社員が死亡していて、捜査一課にしつこく詰問される。。。

あやのが現れ「ほら、もう早く次にいきなさい」といって魔法で移動させられる。
移動したのはどこかの五差路交差点。お菓子屋があるので入って食べる。

「もうすぐ目が覚めるけどまた呼ぶから」
とあやのんにいわれる。目が覚める。

でもまだ眠い。
普段はそんなに寝なくても平気なのに、やたらと寝るときって、実は他の次元で体力使い果たしてるからなのでは。。。ありえないか。。。

でも、三キロ痩せてたんだよね。きょうなにも食ってないのもあるけど。