1949年に台湾に渡った方を探しています。

2019/08/21

防衛省は決して認めないだろうけど、1949年に台湾を支援する目的で当時の陸上自衛隊から隊員が極秘派遣されている。正式に、といっても警察予備隊の発足は1950年なので防衛省は認めないけど、事実上の命令で派遣されて、わかっているのは七名(そのうち五名は、防衛庁発足時の1954年に帰国して、陸自に入隊しているので、何も知らぬ存ぜぬはないはずなんですが)。

そのうち

浅田哲  大尉(当時)→台湾名 宗義哲

岡本秀俊 少尉(当時)→台湾名 陳萬全

この二名は台湾の軍事顧問団として1949年に台湾に渡ったあと、帰国したのかしていないのか、行方不明となっております。他五名についての消息はわかっているのですが、この二名がわかりません。

万が一この名前をみてピンと来た方、当サイトにご連絡をお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみに、予備隊発足したあとにも米軍が陸自に派遣を依頼し台湾に極秘派遣された人はいます。米国公文書館に残る公文書で明らかになってきています。

・・・こういうの防衛省がやれよ!なんで俺がやってるんだよ!まぁ別にやらなくていいんだけど、いないと言われたら探してあげたいじゃん?うちを見てる人数は毎月50万人くらいはいるんだろうから、その中で少しでも探せれば。防衛省は認めないけどね(しつこい)

どうせ認めないけどね・・・日本の国家機関ってホント信用できない。だから人が育たない。おキャリア様の遊び場程度で他国頼りなんだよな。