【視点】北極海・北極圏に関する一考察

「米国がデンマークからグリーンランドを購入する」といった構想がトランプ政権内において検討されているといった情報や報道が流れた。
2019年8月18日、トランプ米大統領は、「米国のグリーンランド購入構想」に関して、戦略的に大変興味深いものである旨を明らかにした。
結果的に実現しなかったが、米国は1946年の「グリーンランド購入構想」プロットを試みたことがある。
上述の今回の件や1946年の件でも明らかなように、米国は「グリーンランド購入」構想を常に「引き出し」に忍ばせ続けていることは明らかであろう。
米国にとって北極海・北極圏地域は「フロンティア」の一つであり、北極海・北極圏地域に眠っていることが期待される「資源(海洋資源、水産資源、地下・海底資源)」は米国にとって魅力的なものである。
それ以上に、北極海・北極圏地域は米国にとって安全保障上、重要な地域の一つである。米国にとってのグリーンランドの地政学的な性格を見ても明らかであろう。
グリーンランドの地政学的な価値と性格
グリーンランドが米国の安全保障上、