海上自衛隊の食料納入を巡る贈収賄事件と政治家に関する一考察

2019年9月9日、神奈川県警「捜査二課」は、海上自衛隊食料品納入を巡り便宜を図る見返りに業者から飲食等の接待等を受けたとして海上自衛隊横須賀造修補給所所属の二等海曹とを収賄容疑で逮捕したと明らかにした。当該事案において贈賄容疑で神奈川県下の食料品製造販売会社社長が同じく逮捕された。
当該事案は、典型的な事案であるといえよう。官公庁の出入り業者・取引業者と担当官による贈収賄事件である。

 

自衛隊の出入り業者・取引業者

当該事案は、海上自衛隊に食料品を納入する業者が、「担当官」と共謀し、指定された要件(賞味期限等の品質、量)を満たさない食料品を海上自衛隊の部隊に納入することにより生じた「差益」を業者と担当官が違法に分配したという典型的な事案であるといえる。

指定された要件(賞味期限等の品質、量)を満たさない廉価の食料品を納入することにより、業者は不当な利益を得る。

そして「担当官」は、

https://www.j-cia.com/archives/15577