ハワイで、人生を、取り戻す。

https://dur-hawaii.com/

先日ちょっと別件で紹介したが、このサイト、見てみて欲しい。

hajimuさんというのは、ハワイに20年くらい住んでいて、実は私もちょっと知っていたりするんだけど、なかなか人の心をつかむのがうまい。というか、様々な人を立ち直らせた実績があるという。当然具体的な名前は教えてくれなかったが、周りにいる人も太鼓判。

じつはhajimuさんというのは、まぁ、”持っている”。だから、信用できるのだ。世界共通、持つものは信じられる。

「なんで働くんですか?」

ときいたら、「働かないと自分がダメになってしまうから。千円しかなくても、100億持っていても、私は働くのが生きがいだから」という。おっしゃるとおりなのだろう。

それよりも、大事なことがあるという。

「どんな人間でも、生きている理由があります。存在するのは、そこにあなたがいるから存在する。だから、大切な時間を、自分のためにきちんと使って、充実した人生を歩んで欲しい」

と、hajimuさん。

「ダメな人間だと誰が決めたのでしょうか? 自分自身が勝手に決めつけていませんか?毎日、同じ事の繰り返しで、気付かない内に、自分自身の才能を活かす事無く過ごしていませんか?悩み事が多ければ多いほど、解決方法もたくさんあるものです。問題の数だけ解決方法があり、問題の難しさは解決の手応えも大きいのです。DURには、アスペルガー症候群や自閉症、鬱などと診断された方がたくさんいらっしゃいます。もし、ご病気をお持ちのご子息で悩んでる御父兄様がいらっしゃったら、紹介してください。ハワイの海は、すべてを前向きにさせる力があります。日本人医師と連携した手厚いサポートで、『生きる力』を出して頂くことが目標です。」

ハワイの気候は、非常に病気にいいという。そもそも、綺麗なところで暮らすのは健康にいい。それも、どこを見てもなにかアラが見えてしまう日本よりも、ハワイの広いコンドミニアム、それも自然の多いところで暮らすことで、劇的に改善するという。

実は、前回ハワイにいったときに少し見学させてもらったのだが、その時は、金融関係の仕事をなさっているご家族がステイしていた。旦那さんの仕事が忙しくなり、奥さんと子供がだんだんネガティブな方向に進み、一時は家庭崩壊だとあきらめていたというが、さる筋よりDURを紹介され、hajimuさんに

「金はいつでも稼げます。でも、充実した家族を捨ててしまってまで目先の金を取って、本当に幸せなのでしょうか。それで良いというなら止めはしませんが、奥様と娘さんがかわいそうですよ」

といわれて、旦那さんが目覚め、3人でハワイの三週間ステイをして、すっかり家族関係も回復したという。

「三週間で、家族の、暗い、いやな雰囲気が消えました。よくかんがえたら、たった三週間休んだだけで、一生充実すると思えば、仕事を少し休んででも、家族関係の再構築をするべきだと思います。当たり前のことも、忙しいと忘れてしまっていました。」

そんな「家族の悩み事」「生きる悩み事」は、一人で悩まないで、たった2,3週間の時間で解決が可能だという。

「正直、治らなかった方もいますよね」

と意地の悪い質問をすると、

「正直、一人もいらっしゃいません。何度もお越しになる方はいらっしゃいますが」

というから驚きだ。

 

実は、私もちょっとだけお世話になる予定だ。そう、それは以前からいっている計画の現地サポートをしてもらうためだ。いよいよ、二階堂の大冒険が始まる。まぁそれはDURさんのプログラムと別にお願いすることになっているのだが。

https://dur-hawaii.com

ちょっと、のぞいてみてはいかがだろうか?

きっと、悩んでいるあなたの力になることうけあいだ。