年末に、カンタン!遺伝子検査で病気を探ろう

遺伝子キット何回もご紹介してますが、やはりなりやすい病気が出るのは嬉しい。人間ドック、私はフルコースでやってましたが、よく考えたらなりやすい病気を重点的にやる年と、フルセットでやる年が交互でもいいのかなと思います。値段的にも全然違いますから。

 

それには↑をクリックして申し込める(笑)遺伝子検査が不可欠ですね。唾液だけでできるから、カンタン!なりやすい病気にターゲットを絞って検査すれば検査費用も抑えることができるというもの。

「遺伝子検査」とは、大腸がんや乳がん、心筋梗塞などの疾患リスクと高血圧や肥満タイプなどの体質を分析して遺伝的なリスクを知り、生活習慣を見直すことで、病気を早い段階から未然に予防するための検査です。

そういう使い方もできるなぁと思ったのでありました。皆さんどうぞやって下さい!安くしてます!

ーーーーーーーーーーーーーーー

<imb岩田さんより>いつも大変お世話になり心から御礼を申し上げます。

さて本日は、今年8月の発売開始から大変ご好評をいただいております【遺伝子検査キット「Genesis2.0」】のご案内です。

病気と遺伝要因に関して、国立がん研究センターが10月に発表した『がん家族歴と、その後のがん罹患リスクとの関連について』という調査報告は非常に興味深い内容です。

それによれば、「環境要因に関わらず、がんの家族歴がある人はがんに罹患しやすい」という結果が出ており本人の生活習慣よりも「遺伝要因」、もしくは本人と家族が共有してきた環境のほうが罹患に影響している可能性があることを示唆しています。

※国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ

https://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/8402.html

もちろん、がんの罹患には複雑な要素が絡み合い、即、何かが結論づけられることではありませんが、意外に感じられる結果が含まれています。

がんに関わらず、病気は遺伝子(遺伝要因)と生活習慣(環境要因)の影響で発症が決まると言われています。昨今、「遺伝子検査」が自宅で簡単にできるようになったことを受け、自分の体質や疾病リスクを健康診断とは別の角度から見ることが可能となりました。「遺伝子検査」とは、大腸がんや乳がん、心筋梗塞などの疾患リスクと高血圧や肥満タイプなどの体質を分析して遺伝的なリスクを知り、生活習慣を見直すことで、病気を早い段階から未然に予防するための検査です。

☆遺伝子検査キット【Genesis2.0(ジェネシス2.0)】

潜在的な健康リスクや体質を遺伝子レベルで知ることのできる遺伝子検査キット【Genesis2.0(ジェネシス2.0)】。

一般的なWeb報告版ではなく、検査結果が大変見やすい紙報告書付きの【特別版】で、特典として各病気の概要や予防、対策などをまとめた全424ページに及ぶ「遺伝子辞典」も検査結果のご報告時にお届けします。

ただいま、通常価格32,780円(税込)から30%割引の22,946円(税込)でご提供。

○【Genesis2.0(ジェネシス2.0)】でわかること 約360項目 世界No.1

・各種がんや心筋梗塞、脳卒中など、将来かかり得る疾病リスク

・眼軸長、視神経乳頭など、近視・遠視、眼病に関わる遺伝的特徴

・肥満や肌タイプなど美容に関する項目

・筋肉のつき方や運動適性

・アルコール分解能力など知っておきたい遺伝的体質

・祖先のルーツ   ミトコンドリアハプログループ(男性・女性)

         Y染色体ハプログループ(Y染色体による検査のため男性のみ)

一歩踏み込んだ健康対策のために、また、自分自身のことをより深く知るために、ぜひ遺伝子検査キット【Genesis2.0(ジェネシス2.0)】による遺伝子検査をお勧めします。(バナーをクリックして下さい。カンタンにキットの申込みができます。)

12月も中旬を迎えました。

二階堂様におかれましては、海外のご出張や人間ドック等、日頃にも増してご多用のこととお察しいたしますが、なにとぞよろしくご紹介のほどお願い申し上げます。

岩田眞人 拝