災害はよけるもの。

<yさんより>いつもお世話になっております。一昨日符が届きました。有難うございました。届きます前日に、えっと思う出来事がありましたので届いたご報告と併せてお知らせしようとおもいます。
JR新幹線のホームから下りエスカレーターで降りる時、混雑時では無く利用者は少なめでしたが、どこからか男性の、危ない!と言う大声とゴトゴトと音が聞こえ,後ろを振り返ると、二泊ぐらいのキャスターバックがごろごろと落ちてきました。
 咄嗟に大きめのバッグで足をかばいましたが、かする程度で落ち、人にわ当たらず、丁度最後の段で降りる人が、呆然としていました。小さな子供が乗っていたら大変でした。
 自分自身がその場に居た事が、少々怖く、いつも御守り代わりの符を持っていて良かったと思いました。
 また、新たに令和二年の符を頂きました。大事な御守りです。大切にしていきたいと思っています。おばあ様、ひなこ様、二階堂様有難うございました。時節柄どうぞごお身体自愛下さいませ。
(コメント)これは良くある事です。災害をよけてしまう。もちろん、効果は科学的に立証できないので「たまたまだよ」と思う人はそれでいいでしょう。しかし、最新の量子力学の世界では、多次元、時間、オカルトについて説明できる(つまり人間が神とかいっているもののことも含む)見込みだそうです。十年後なのか百年後なのかわかりませんが、楽しみです。
そうそう、限定の安全符は残り13枚です。
御注文は以下記事よりお願いいたします。