関西の某医学部教授さんより

<関西地方の医学部教授さんより>奈良の運転手が発病したそうですが、潜伏期間が長いこと、発症していなくてもうつること、中国人が70万人以上入ってきていることを考えると、すでに日本でも蔓延しかけていると考えてもよいです。発症しないのは何らかの原因があるのでしょう。以下のことをすぐにやるべきと考えています。
二階堂様が説明したように、
1. 手洗い 外出から戻ればすぐに手洗いをする。
2. 人混みに近づかない
3. マスク きちんと鼻までマスクに入れる
4. 露出部分 顔や首、露出している部分を触ると手を洗うこと。外出から戻れば服は洗濯し、シャワーを浴びる。
これが一番大事だと思われますが、手袋をすることです。使い捨てが一番いいのですが、普通のものでもよいです。ウィルスはそこいらに引っ付いています。手について、その手で掴んでものを食べたり、目や鼻を触ることで体内に入ります。手袋をすると、その手でそのまま物を掴んで食べる人はいません。鼻や目は触らないようにしましょう。手袋の表面、とくに手のひら側は触らないようにし、こまめに洗うようにしましょう。
あとは外出時のトイレも気をつけましょう。洋式トイレはまず避けましょう。仕方がない場合はよく拭くことです。ウォシュレットはやめた方がいいでしょう。
最後に中国からの入国は制限しましょう。基本は禁止で、必要な場合は検査を受けさせて陰性であれば良いとする。
日本が安全だと逃げてくる人もいますが、ミンスが通した外国人も日本の医療を低額で受けられる制度を利用しようと押し寄せて来ます。絶対に入国制限をすべきです。
人権侵害だとか差別だとか言う馬鹿がいますが、今は緊急事態です。武漢だけでなく、中国で医師、看護師、役人、軍隊など、現場対応者の姿を見てみましょう。フルスペックの防護服を着用しています。凄まじく危険だということです。単なるマスクと手袋ではありません。
研究所から漏れ出た生物兵器の可能性が高いです。
皆さん、気をつけてください。