スーパー・チューズデーに関する一考察

2020年3月5日、米大統領選挙の米民主党候補者指名を目指していたエリザベス・ウォーレン上院議員(マサチューセッツ州)が選挙戦からの撤退の意向である旨を表明した。
米民主党の左派・プログレッシヴのエリザベス・ウォーレン上院議員は、大統領選挙から撤退することを表明したが、今後、他のいずれの候補者を支持するかは明言を避けた。
た。
エリザベス・ウォーレン上院議員(マサチューセッツ州)が今後、どの候補者を支持するのか?米民主党の穏健派であるジョー・バイデン前米副大統領を支持するのか?それとも米民主党の最左派・リベラル・プログレッシヴであるバーニー・サンダース米上院議員(バーモント州)を支持するのか?エリザベス・ウォーレン上院議員(マサチューセッツ州)の撤退表明において注目されていたが、エリザベス・ウォーレン米上院議員(マサチューセッツ州)はどの候補者を支持するのかに関して表明しない考えであることを示した。
注目されていた2020年3月3日のいわゆる「スーパー・チューズデー」において、エリザベス・ウォーレン上院議員(マサチューセッツ州)は自身の地元であるマサチューセッツ州において3位といった結果となり、地元でさえ自身の思惑通りに票を集めることがかなわなかった。