死ぬやつ防止するより、生きてるやつの金、つまり生活の方が大事!

米有数のシンクタンクであるブルッキングス研究所は3月2日、「COVID-19が世界のマクロ経済に及ぼす影響:7つのシナリオ」という報告書を発表した。
1918−19年に流行したスペイン風邪と同程度の感染率という最悪のシナリオの場合の死亡者の推定は以下のとおり。

日本:最善のシナリオ13万人、最悪のシナリオ57万人
中国:最善280万人、最悪1260万人
アメリカ:最善24万人、最悪106万人
世界合計:最善1518万人、最悪6834万人
報告書は、アメリカでは、インフルエンザによる死亡者は年間平均で約5万5000人で、新型コロナの最善シナリオの5分の1程度だと指摘している。

また、世界の総生産(GDP)は、最善のシナリオでも世界で2.3兆ドル、最悪のシナリオでは9.2兆ドルが失われるという。国別の損失は以下の通り。

日本:最善1400億ドル、最悪5490億ドル
中国:最善4260億ドル、最悪1.6兆ドル
アメリカ:最善4200億ドル、最悪1.8兆ドル