まず金繰りがないとなあ。

百里から離陸後2分で国会爆撃、同時に部隊をテレビ局、官邸、警察に送り込み、まず皆殺しにして指揮系統を壊す。左が強いテレビ局は面倒なので放送設備ごと破壊、新聞社は輪転機に砂を撒けば印刷はできなくなる。読売と東スポ(笑)だけあればあとはいらない。
その後、臨時政府樹立を宣言、皇族はまとめて父島送りにして、大総統制を敷く。国会議員はもちろんすべて首。逆らえば即時射殺。

大総統府には、大蔵、法務、軍、警察、情報機関すべて、それから治外法権の大総統特別部隊を作り行政を監視する。都道府県は廃止して基礎自治体のみとする。

外国奉行を設置し、外務、貿易、出入国、検疫を置く。あとは全部国務院において長官を置く。内務は長官、外務は奉行。すべての法と緊急命令は大総統が独断で決定する。

これを5年やればいい。悪いがガタガタ言うやつは海に捨てる。
大総統、外国奉行、内務院長官はその後、銃殺されけじめを取る。

百億はかならずかかるが、『こういう実写映画を作りたいのう』、と言っておく。内乱予備ではなく言論だからな。