所詮人の一生など夢の話

アミノ酸の塊であるというだけのものにまるで価値があるように振る舞うのは人間が自己の存在を不安定なものとDNAに刷り込まれてるせいかもしれないな。