河野太郎の利権

もともと飼料利権なんだよね。

 
一口馬主クラブの「グリーンファーム」が青葉賞に出走させる、シャンパーニュについて。現在、同クラブで愛馬会法人の代表を務めている河野二郎氏は、1967年から2009年まで衆議院議員を務め、自民党総裁や衆議院議長などを歴任した河野洋平氏の次男です。
また、次郎氏の兄で現職の衆議院議員である河野太郎氏は、「セレクトセール」の主催などを行っている「日本競走馬協会」の会長を務めていて、先ほど名前を挙げた洋平氏も、「日本軽種馬協会」の会長理事を務めています。そして、「日本競走馬協会」と「グリーンファーム愛馬会」は、どちらも同じビルを拠点としていますし、東京都港区の麻布台にあるそのビルには、次郎氏と太郎氏の祖父にあたる河野一郎氏が創業に尽力していて、今は競馬中継でお馴染みとなっている「ラジオ日本」や、「地方競馬全国協会」の事務所もあり、これらのことが、河野家と競馬の関わりの深さをよく証明しています。「グリーンファーム」は、これまでにJRAで300頭以上を走らせていて、その中の代表的な存在としては、1994年の阪急杯と札幌スプリントSを制したゴールドマウンテン、1998年の京阪杯を制したブラボーグリーン、1999年の根岸Sを制したセレクトグリーン、2009年の小倉2歳Sを制したジュエルオブナイル、2009年のエリザベス女王杯を制したクィーンスプマンテや、2011年のフローラSを制したバウンシーチューンなどが挙げられます。