やっぱり今井と西村(経産省組)はパソナを使う。どんな随意契約なんだよ。

経産省 持続化給付金の事務手続きを、パソナ(会長 竹中平蔵)が請け負うそうです。
費用は、500~700億円程度とのこと。
竹中の名前を聞くと反吐がでますね。

 

それと、10万円、早い自治体では、先に財政調整基金や予備費使って配り始めましたね。