日本経済を潰して安く買いとる勢力に加担するハゲは信用できない

資産関係の調査終わったのかよ。道警のアホドモじゃ無理だぞ警視庁から行かせろ。

西浦の話は、臨床医の中では笑われてるんだよ。査読すらされてない論文を書いた書いたと威張って。経歴も怪しいだろ。そしてハゲだろwハゲは信用できないんだよ。佐伯や孫もそうだろ。竹村健一なんて真っ先に信用しなかったモンな。これ、飲食店は死ねってコトだよ。患者が増えたからってなんだっていうの?人が死んだからなんだっていうの?一番大切なこと、忘れてない?バカな全体主義の日本人さんよ。

この全体主義社会を推進する奴らを止める、自粛警察ならぬ経済公安を誕生させようじゃないか。予算は拉致の予算回してくれりゃいいや。どうせ飯食うのにしか使ってないんだからw

ーーーーーーーーーー

新型コロナウイルスの流行前の生活に戻すと、7月中に、東京都内で再び大きな流行が起こる可能性があるとする試算を、北海道大の西浦博教授(理論疫学)らの研究チームがまとめた。

研究チームは、5月下旬までの東京都内の感染状況のデータを基に、今後の状況を予測した。その結果、流行前のような生活を続けた場合、7月中に東京都内の感染者数が1日100人以上になると予測した。

一方、居酒屋や接待を伴う飲食店、医療機関、福祉施設などで人との接触を30~50%減らせば、感染者数は低い水準を保てるとした。ただし、医療機関や福祉施設は社会活動の維持に不可欠で、人との接触を減らすことは難しいとし、飲食店などで、接触を減らす工夫を求めている。

西浦教授は「緊急事態宣言は解除されたが、流行が終わったわけでは決してない。密閉、密集、密接の『3密』が重なる環境など、感染リスクが高い場所では注意を続けてほしい」と話している。

読売新聞 2020/06/03 07:00
https://www.yomiuri.co.jp/national/20200603-OYT1T50064/