【投稿】武漢ウイルス日本でのまとめ

題名: 武漢コロナ、日本でのまとめ

メッセージ本文:
一段落したので、日本での状況をまとめておく;(あくまで日本の日本人限定の話)

・感染率は日本を含めたどの国でもかなり高い
日本では5月末時点で都市部で人口の3~5%程度はこのウィルスに接触し抗体を保有している 地方だと少し低いだろう
ウィルスとの接触は次の抗体保有率から、日本全体で2~3%で200~300万人規模になると考えるのが妥当
cf.抗体保有率データ;一見差があるように見えるが、サンプルに偏りがあり、真の値はどれもざっくり同程度と考えた方がいい
東京 0.5%  輸血者のデータ それなりに意識高い系の人たち 逆に外国人はほぼいない 全体ではもっと高いと思われる
NY州 14% スーパーに来た(外出している)人のデータ 家に閉じこもっている人は含まない 全体ではもっと低いと思われる
神戸  3%  総合病院の武漢コロナ以外の受診者のデータ まあまあランダムサンプルに近いだろう

・そのうち大半は本人が気付かずに治癒している これはBCG日本株の異常な免疫力による
(BCG日本株未接種者や免疫抑制剤投与者、糖尿などの持病持ち、外国人を除く)

・一部が発症し捕捉されている(約1.7万人)
ただし大都市の半数はシナ人を中心とした外国人と言われている(日本では法定伝染病は国籍問わず治療費は公費負担=タダ)
日本人の数は1.7万人より相当に低いと思われる(1万人以下かも)

・PCR検査で陽性でも98%は無症状か軽症 2%が重症化する
重症化するのは70歳以上か、持病持ちが大半

・感染者の致死率は70歳未満の健康な日本人なら0.1%程度(インフルエンザより少し悪い程度)
逆に日本人でも70歳以上や免疫抑制剤投与などで免疫力の落ちている人は1桁以上悪くなる
(おそらくNY州やイタリアと同じレベル)

・日本では感染数が増減を繰り返す状態が続く 2年くらいである程度までは収束してゆくと思われる
ただし海外から来日する人が増加してゆくので、完全収束は当分無理(BCG未接種国や西洋株ではそう簡単には収束しない)

・接触感染と飛沫感染・エアロゾル感染に注意していれば、感染の可能性はかなり低く押えられる
生活する以上どうしてもウィルスに接触する可能性は残るが、例え感染してもほぼ知らないうちに治癒する
有効なワクチンができるまでは、あえて弱くウィルスに接触することは有効かもしれない、くらいに考えた方が妥当