武漢コロナウイルスについて

東アジア人のコロナウィルス感染での死亡率が低い理由が、もう一つ出たようです。

BCG接種に加えて、「ワーファリン耐性」がコロナウィルス感染による重症化に関与しているとの推測です。東アジア人にはワーファリンという薬がよく効くんですが、クロンボにはあまり効きません。要は、血栓が生じやすいかどうかで、コロナウィルス感染後の重症化率に影響を与えているのではないかという仮説です。

東アジア人>東南アジア人>南アジア人>白豚>クロンボ

ワーファリンの効き目の順位です。日本人、朝鮮人、そして支那人は、仮説が正しいとした場合、コロナウィルス感染しても最も死ににくい人種である事が推測されます。