【投稿】馬鹿のマスク信仰の無意味

題名: 防御力の弱いマスクについて

メッセージ本文:
お忙しいところ失礼いたします。
最近、感染者(PCR陽性者)が増加していますが、重症・死亡率は少ない状況が続いていますね。国際医療福祉大学の高橋先生の仮説は正しいみたいですね。このレベルであれば、経済をもっと回すべきだと思いますが、マスゴミなどが感染者が多いと報道すると、多くの国民が委縮してしまうのも、事実だと思います。
そこで、手作りマスクや、通気性の良い・ファッション・スポーツマスクはウイルスを防げないどころか、《ウイルスをまき散らしている》ことを周知出来ないでしょうか?
防御力の弱いマスクをしているバカ者(特にババアや)危機感のない若者)たちが、街中などで、マスクをしているから安心して普通に大声で話しているのは、飛沫は飛ばさなくても、ウイルスは飛ばしていることを気付かせるべきだと思います。
先日、某大学病院の消化器科の医師からも、理想はN95だが、一般人は最低でもサージカルマスク以外はほとんど意味がないね。普通に街中を歩く程度なら、そもそもマスクはいらないね、と言われました。
一部のマスクサイト(HALEOスポーツ)には、飛沫は防げても、ウイルスは防げないと正しく表示されていますが、多くの国民は知らないようです。
この問題が周知されないのは、マスクを作成している業者の多くがコロナにより売り上げの大幅に落ちている緊急時(戦時体制下)では必要のないアパレル(スポーツ)業界であり、マスコミのスポンサーであることが関係しているのでしょうか?