支那から無差別に種が送られてくるバイオテロの件

<yさんより>検査件数の調整で感染者数の調整をしているような状況が見えてきていますね。明らかに官僚に中国の手下がいますね。政治家、マスコミは当然ですが…。
アメリカ、日本でも話題になっている中国から送りつけられる種ですが、恐怖を煽ることと確認しているのでしょう。個人情報を勝手に盗んでいることの恐怖も加えて。おそらくAMAZONに出品しているシナ人への個人情報データが中国共産党に吸い上げられていると思っていいでしょう。これがわからない人は平和ボケです。

そして、どのくらいの人間が返送せず、開封してしまうか。物凄く安上がりで、確実に拡散できるバイオテロを行えます。直ちに、各国政府は中国に対して非難声明を出し、他人だけでなく物も含め、一切の流通を停止すべきです。郵便物もそうです。種自体を植えると危険なものが生える、ではなく、種自体にウイルスが内包されている可能性があることくらいは考えた方がいい。良心のかけらもない連中ですから、利用できるものは全て使って攻撃してくるでしょう。

親中派は仲良くしておけば自分たちは大丈夫と思っているかもしれませんが、連中にとっては単なる道具です。アメリカ、イギリス等に打撃を与えるために、日本や韓国を利用するだけです。二階や今井、その他政治家や企業人はまだ分からないのでしょうか。耄碌も甚だしいです。

アメリカ、ヨーロッパその他の国は既に中国との断交を決めています。そして、中国と取引をする国家も敵とみなしています。当たり前です。

日本も郵便も含め、すべてシャットアウトするべきです。そして、中国人は全て返還すべきです。

それが、世界の風潮です。世界の敵、人類の敵、そして中国人にとっても敵、それを認識すべきです。

(コメント)タネは開封や栽培の前に、何らかの毒もしくはウイルスなどが不活化状態で仕込まれているくらいのことは考えた方がいいです。支那虫は、カネにならないことはしません。ですが、大量の支那虫で大量の日本人に無差別に撒けば、そのうちそれに引っかかる奴も出てきます。要するに動植物や昆虫の「特定外来」種のようなものです。どこかで必ずなんらかの健康被害が出ます。すべての荷物を検査し、タネが入っているモノは無差別に廃棄した方がいいのですが、日本はそこまでやらないでしょうね。なにせザルの水際作戦をいまだにやっていますから。しかし面白いのは、日本に来ている支那虫もそれに引っかかったり影響を受けたりする可能性があると言うことです。

支那虫は、「まずは自分の金」です。支那とアメリカの戦争の話がチョイチョイ出てますが、シナ軍はどんな武器を持っていようと弱いです。ちょっと形勢不利になるとまず、みんなすぐ逃げます。国家なんかより自分の金なのです。中国共産党がいくら締め上げたって、目の前で自分のカネや命がなくなるかもしれない状態に陥れば必ずあいつらは逃げます。まずは自分、そしてカネ。やつらは金が入るなら家族も平気で捨てる場合があります。日本人とは違うのです。

そういう特性をよく理解した上で、というか、あんな強権的な政治をやっているのに、安倍政権が強権だと言うばかりのマスコミ。支那の方がよほどひどく言論の自由もなくデモしたりネットに映像だしたら行方不明になる奴が続発する国なのに、なぜか支那をヒトとしてみているマスコミとアホな企業。これから支那のマーケットなんかはもう伸びませんよ。それにも気づかず、世界的にどう見てもおかしい支那を「同じ人間だから」などと思う日本人は本当にバカです。

虫のことをあなたは理解できますか?できる訳ありません。支那というのは虫の集まりです。虫は道徳も義理も人情もありません。そこの所を冷静によく、海外報道機関のニュースもよく見て判断すべきです。それがメディアリテラシーです。日本のマスコミの報道ばかり見て騒ぐバカな日本政府や各都道府県とおなじで、すぐ他人に踊らされるようでは話になりません。