【新型コロナ】大阪府知事によるイソジン推奨は検査数値ドレッシングが目的!


8月4日に大阪市長との共同会見でいきなり発表した「ポビドンヨードうがい薬が感染拡大防止に効果がある可能性が高い」という説。「8月20日まで大阪府民はうがいを励行してほしい」と具体的な要請までしている。厚労省、医療関係者などから「時期尚早」「エビデンスが不十分」「むしろ逆効果」などと否定的な声も出ている。さらに、あまりにも唐突な発表だったために買い占めが起こり、ドラッグストア等の店頭から商品が消えてしまい、入荷の見込みが立たなくなったり、通販ではとんでもない価格に便乗値上げをする業者が現れるという事態になっている(8月5日現在)。医薬品の転売は犯罪行為にもかかわらず、メルカリ等には高額出品が相次いでいる。ここまでは読者の皆さん全員がご承知の状況だ。
 
あなたは変だと思わないか?仮にも大阪府知事の公式会見で、代表格「イソジン」など商品の実物をずらっと並べての唐突な発表。専門家ではなく政治家である知事からの発表。そもそも新型コロナウイルスに対するうがい薬の効果については、当初から一部専門家が推奨していたことは周知の事実で、けっして目新しい話ではない。殺菌効果の強いうがい薬で頻繁に口腔内を洗浄すればウイルスの絶対量が減るのは誰が考えても自然な話。それをわざわざテレビの情報番組の生中継で取り上げられやすい時間帯で、仰々しく発表して見せたのはなぜなのか?
 
この研究結果を導き出した研究者の意図とは別に、大阪維新の会は“真の狙い”を持っているのではないかと囁く声もある。内情をよく知る厚労省関係者に話を聞くことができた。当サイト読者の皆さんだけに緊急取材でお伝えする。

https://www.j-cia.com/archives/16364