詩人よりの投稿

アグネス・チョウ嬢の、獄中における心の支えが欅坂46の「不協和音」だったと聞いて、

彼女らのつらい立場を憐れんで詠ずる詩

 

「欅坂」

 

哀しい悲しい欅坂

言葉をなくした欅様

 

あの勇気あるアグネスの

心の支えになったのは

「不協和音」であったのに

それを語れぬ欅坂

 

アイドル風情が政治など

小娘風情が世界など

おこがましくも語るなと

媚中で、保身で、計算高い

政治音痴で、小心者の

汚いオトナに脅されて

何も言えない欅坂

 

あなたに言葉はありますか?

話せる口はありますか?

あなたと同じ年頃の

香港娘を勇気づけ

でも、香港政治を見ないふり

 

あなたがボーカロイドなら

単なるダンスマシーンなら

もっと心が楽なのに

何も言えずに欅坂

 

今日もテレビで偽りの

笑みを振りまき、踊るだけ

Don’t stop, Don’t stop the dance

(最後はブライアン・フェリー風で)

 

20200814 憂国詩人・虚空亭駄々濫坊