出張で疲れた体はプラセンタとアガリクスを飲むことで治りました

このプラセンタは効く。オレには少なくとも効く。10年くらいは飲んでる。なんかこういう健康食品って「効く」って書いたらピーピーうるさいらしいけど、そんなもん、オレが効いたんだというだけのことを書くのは問題ない。毎回言うが、どんなもんでも合う合わないがある。人間だって食い物だって好き嫌いや得意苦手があるんだから、健康食品だってあって当たり前だろう。だけどオレはプラセンタとアガリクスは一番だと思うね。ていうか、飲むのやめたらオレどうなっちゃうんだ?まぁ恐ろしく老けて、運動しないから体力も無いままにおいてくたばるような気がする・・・

そんなことがないよう、imbで健康作りを!以下のバナーをクリックしてかうといいことがあるかもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<imb岩田さんより>いつも大変お世話になり心から御礼申し上げます。二階堂様におかれましては、新政権の発足にともなう周辺調査やご出張などいつもにも増してご多忙のことと存じます。

私たちは休むことができませんが、暦の上では秋の連休が始まりましたね(^^)/

連休中、9月21日は『敬老の日』。『敬老の日』は1966年に祝日として制定されましたが、当時の「平均寿命」は、男性68.35歳、女性73.61歳でした。2019年の日本人の平均寿命は男性81.41歳、女性87.45歳で、いずれも過去最高を更新しました。単純計算では53年の間に、男性は13.06年、女性は13.84年、長生きになったということになります。しかしそれに対し、健康上の理由で日常生活が制限されることなく過ごせる「健康寿命」は、男性72.68歳、女性は75.38歳(2019年)です。

    ※厚生労働省 令和元年簡易生命表の概況

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life19/index.html

「平均寿命」と「健康寿命」の差は、男性が8.73年、女性が12.07年の開きがあります。

今月は厚生労働省が推進する『健康増進普及月間』ですので、特に「健康寿命の延伸」について国民一人ひとりが理解を深め、さらにその健康づくりの実践が望まれています。

さて、この時期は、「なんとなく体がだるい」「熟睡できない」「めまい」といった不調が出てくる頃でもあります。急激な気象や気圧の変化によって生じる「気象病」と呼ばれるものですが、とりわけ今年の9月は、新型コロナウイルス禍の影響も懸念されます。

※気象病の症状

・片頭痛の誘発、頭重感

・やる気が出ない、集中力の欠如

・不安感が強くなる

・耳鳴りの増加

・ふらつき、動悸

・胃腸の働きが悪くなる

・手足のむくみがひどくなる

・関節の痛み、肩こり、首の痛み

・手足のしびれ  など

そこで本日のオススメは、心身の健康を保ち美容界でも注目を集めている【エイジングケア プラセンタ】です。

古来、『プラセンタ』は疲労を回復させ細胞を若返らせるものとして珍重されてきました。

細胞が若返ることによって血流、情報伝達物質、ホルモンバランスなどが改善され、体の調子を整え、やる気が沸き起こり、生命活動のレベルをアップさせます。そのような総合的な効果が、ハツラツとした生活へと導くことにつながるのです。

また、シワ・シミ・くすみなどを消し、お肌をきれいにしてハリを持たせる役割もあります。現代では科学的にプラセンタの効果を裏付ける研究が進み、ブタ由来プラセンタエキスを用いたヒト臨床試験において、『脂質(保湿)機能改善作用』『美肌(シミ抑制)作用』が確認されています。

アイ・エム・ビーの【エイジングケア プラセンタ】は、世界トップクラスの安全性を誇るデンマーク産ブタ由来の動物性プラセンタを高濃度抽出したエキスを高含有し、さらにお肌のトラブルに効果的なL-シスチン、ビタミンCを加えたとても贅沢な一品です。

【エイジングケア プラセンタ】の有用性は、老若男女を問いません。

「なんとなく…」が続く方、お肌の健康が気になる方は、二階堂様もご愛用の【エイジングケア プラセンタ】をお試しください。

☆公益財団法人 日本健康・栄養食品協会会員の弊社アイ・エム・ビーでは、9月1日(火)~9月30日(水)までの期間、【2020 健康増進普及月間】をテーマにみなさまの健康応援企画を開催中です。

開催期間中、ほほえみ定期便でご購入の方または、商品代合計5,000円(税込)以上ご購入の方に、使いやすく、くるっと丸めてコンパクトに収納できる「エコバッグ」を進呈いたします。ぜひ、この機会をお見逃しなく!

ご多忙のところ誠に恐れ入りますがよろしくご案内のほどお願い申し上げます。

岩田眞人 拝