【血統師SEVENのインテリジェンス競馬#114】

(2020秋冬シーズン連載です)
秋シーズン1回目

前回はフィナーレとして春先から狙っていた心の愛馬グランアレグリア本命(二歳時よりアーモンドアイよりも上の殿堂馬クラスの馬と言ってましたが)紐は荒れると踏んで馬連は攻めた予想◎(優勝)→▲(三着)と攻め過ぎましたが3連単(225倍)はきっちりグランアレグリアを一着二着固定でダノンスマッシュも含めた流しで取らせていただきました

凱旋門賞に関しては提示した目もクールモアのトラブルなどもあり取り消し。そもそも大本命のエネイブルが六着という波乱の決着になりましたが、こちらも予想が取り消し→払い戻しという 逆に現地にいないと難しい馬券でしたので そちらは天意か馬券を止める流れは妙に引きや波が上がってきましたね

今年の秋も面白い競馬が続きそうですが秋華賞→菊花賞→秋の天皇賞というこの三連戦は非常に盛り上がると思います

今回はかるく谷間週の毎日王冠&京都大賞典となります(体調が思わしくなく 記事内容軽め&遅れての配信です)

■できるだけ早い配信を心掛けてますが、土曜午前中から夕方頃の配信が多くなりますご了承ください
(追記を開催当日等にも行うことがありますので記事は念のためレース当日等もご確認ください

【今回のお題】
1:前回のレース回顧など分析会
2:オーストラリア馬主の件

3:秋シーズンについてご挨拶

 

★おまけ(予想)

日曜日 中山競馬場 スプリンターズS

日曜日深夜(日本時間23:05発走)仏国 ロンシャン競馬場 凱旋門賞

https://www.j-cia.com/archives/16522