【Tの分析】Black Lives Matterあるいは人種問題・人種差別、アフリカン・ディアスポラに関する一考察・・・アフリカン・ディアスポラとの関わりを中心に (2)

拙稿をご覧いただいております皆々様、いつもご厚情を賜り大変ありがたく御懇情厚く御礼申し上げます。
二階堂様をはじめ関係者の方々、拙稿をご覧になっていただいております皆々様方から賜りました御厚情の御礼を重ねて謹んで御礼を申し上げます。
二階堂様をはじめ関係者の方々、拙稿をご覧になっていただいております皆々様方から賜りました御厚情、お気持ちに応えるべく一層励む所存であります。
大変厳しい状態であり切羽詰まっているとはいえ謹んで御礼申し上げるとともに今後とも御指導、御鞭撻賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。
さて、前回の拙稿「Black Lives Matterあるいは人種問題・人種差別、アフリカン・ディアスポラに関する一考察・・・Black Lives Matterを中心に (1)」では、米大統領選挙を前にして注目されている米国における近年の「Black Lives Matter」、「Black Lives Matter運動」について触れた。
以下では、米国の人種問題・人種差別(特に黒人問題)、特に近年の米国における「Black Lives Matter」、「Black Lives Matter運動」とアフリカン・ディアスポラとの関わりを中心に考察を試みたいと考える。
今回の米大統領選挙の争点は多岐にわたるが、かなり大雑把に乱暴にいってしまうと、究極的に「トランプ米大統領の二期目を容認するか?否か?」といった争点であるということができるであろうと考える。
論議が沸騰したトランプ大統領の一期目の移民政策(外国人労働者、不法入国者、不法滞在者等に関する政策)・国境管理政策(特に米墨国境における国境管理の強化やフェンス・壁等の建設・設置等)から、「トランプ米大統領の二期目を容認するか?否か?」という最大の争点と併せて議論されることが多いのは、米国内の人種問題(中でも黒人問題、人種間における貧困と差別、抑圧等の問題)、国境管理政策(特に移民政策、不法入国者への対応、監視システム・フェンス・壁による国境管理等)であるように見受けられる。
特に近年の米国で高まった「Black Lives Matter」、「Black Lives Matter運動」に関するトランプ米大統領の対応に関する分析や評価する際、「トランプ米大統領の二期目を認めるか?否か?」といった今回の米大統領選挙での最大の争点でカギとなるのではないかと見る議論も多い。
以下の米国の人種問題・人種差別(特に黒人問題)、近年の米国における「Black Lives Matter」、「Black Lives Matter運動」、そして黒人問題・人種問題・人種差別問題と環大西洋地域、そしてアフリカン・ディアスポラとの関わりに関する考察が、今回の米国大統領選挙にについて考える際、少しでも参考になれば幸いである。