【武漢コロナ】重症化メカニズムに男性ホルモンと幼形成熟が影響か?

新型コロナウイルスに感染すると、特定の疾患を持つ人や治療中の場合を除けば、おおむね男性は女性よりも重症化しやすく、10代以下の子供のほとんどはごく軽症か無症状に終わる。年齢を重ねて高齢者になればなるほど重症化リスクは高く、若ければ若いほどその確率は低い。さらに世界の中で東アジアの国々だけが極端に重症患者と死亡者が少ないのも広く知られている事実だ。

欧米などの多人種国家での比較データによれば、人種別でも、多数の死亡者を出しているニグロイド(黒人)・コーカソイド(白人)と比較して、東アジア系モンゴロイドの感染率と重症化率が極端に低いことも知られている。日本での重症者と死亡者が少なくなっている要因の「ファクターX」について様々な説が唱えられているが、ある学説が一部の専門家の間で注目されていることをご存知だろうか?冒頭から書き連ねた重症化する確率の差についてすべて説明がついてしまうロジックで、限りなく「ビンゴ」だと主張する専門家もいるという。大手メディアではあまり報道されることがないのだが、以下で当サイト読者の皆様だけにお伝えしよう。

https://www.j-cia.com/archives/16616