去年の気も消えて新しい季節

今日は新年15日、農業の正月みたいな日。去年の様々な影響も消え、いよいよ太陰暦2015年が始まった。さて何かが変わるだろうか・・・へクション!お、珍しくくしゃみが出るぞ・・・・噂しているかな・・・!!!

と思ったら、花粉症なのでした。なんだよ期待させやがって・・・

岩田さん、オレは毎日動けないよ全然。うつ病ひどくて。薬なんか飲んでもしょうがないし。調子いいときはいいんだけど・・・。どんなにセロトニン分泌させても治らないよきっとオレの場合・・・

----------------------------------

<imb岩田さんより>いつもお世話になり心から感謝申し上げます。3月6日は、二十四節気でいう『啓蟄(けいちつ)』。

『暦便覧』には「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり」と記されています(^_^)v

春のきざしとともに、里山の路傍にはふきのとうの花が咲き始めています。二階堂様におかれましても、そろそろ本格的に動き始められるのではないかと多くのファンが期待しています。さて、2月22日のNHKスペシャル『腸内フローラ 解明!驚異の細菌パワー』が放映されて、いっそう腸内環境を整えることの重要さが見直されたようです。多くのメディアが後追いをしていますが、以下の記事もそのひとつです。

【脳梗塞、糖尿、肥満、うつ…万病治療「腸内フローラ」の威力】

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/157664

『腸内の細菌を整えることで万病を治療――。こんな最新医療が注目を集めている。「腸内フローラ」という医療法で、先月、NHKスペシャルが「腸内フローラ~解明!驚異の細菌パワー」と題してリポートして以来、あちこちで話題になっている。』

『アレルギー性皮膚炎やスギ花粉症の患者はビフィズス菌や乳酸菌といった善玉菌によって症状を抑えることができる。うつ病は脳の活発化につながる細菌を増やすことで症状を改善できることがマウスの実験で明らかになっている。』

(日刊ゲンダイ 2015年3月3日付)

そこで、本日のお勧めはズバリ、『乳酸菌&ビフィズス菌』です。

アイ・エム・ビーの『乳酸菌&ビフィズス菌』には1日目安量の2カプセル中、生きて腸まで届く有胞子性乳酸菌(ラクリス菌)が1億個、ビフィズス菌(BB536菌)が40億個も配合されています。このビフィズス菌の量は特定保健用食品のヨーグルト(80g)3個分に相当します。

『乳酸菌&ビフィズス菌』を毎日の生活に取り入れることによって、腸内環境を快適に保ち便秘や下痢だけではなく、心と体、全身の健康維持にお役立てください!

ご多用中のところ、よろしくご紹介のほどお願い申し上げます。

岩田眞人 拝