放生は日本でも行われていたのか

こないだ紹介した「生き物を放つ供養」。日本では見たことないが、
「七世紀末の天武朝期から災いや病を避けるために 、生き物を放つ 「放生 」という行為が盛んに行われるようになった」
という一節を八幡神の本で読み、日本でも行われていたんだなぁ、と思いました。でも、鳥とか魚でなく、「蜷と蛤を海に放つ 、放生の儀礼」だったみたいだから、東南アジア諸国仏教の放生と若干違うねぇ。

って、どうでもいいこと書いてないで寝てろって?
寝てんですけど咳がキツくて。。。